「おもり」を付けて|血沸き肉躍るフィッシング!ジギングと鯛ラバを楽しもう

「おもり」を付けて

釣り竿

そもそも「ジギング」「鯛ラバ」とは何ぞや?という人も多いと思うので、まずはその基本について説明しよう。ジギング、鯛ラバは手っ取り早く説明すると、深海に近い深いところを泳いでいる魚を仕留めるための釣りのことである。鯛ラバで釣ることができる鯛、ジギングで狙うブリやサバ、アジなどの魚は、海の浅いところではなく深いところを泳いでいる。これらの魚が身が締まってぷりぷりであるのは、海の深いところの潮流が激しい中を、絶えず体を動かして泳いでいるからなのである。体にみっちり詰まった強靭な肉は、煮たり焼いたりしても崩れず、みちみちとした歯応えを味わえるものになるのだ!
ジギングや鯛ラバは、そんな深いところにいる魚たちのところまで釣り糸を垂らすために「おもり」を付けるというフィッシング方法である。ジギングで使われる「おもり」は、「ジグ」と呼ばれている。
「おもり」で海中まで引っ張られる釣り糸は、悠然と泳ぐタイやブリの目にルアーをちらつかせ、彼らを食いつかせる。強い力が竿をしならせる。そこから、このフィッシングの醍醐味である力を使った釣りのクライマックスが訪れるのである……!
ところで、じゃあ「鯛ラバ」とは何かという人もいるだろうと思うので、ここで説明しておこう。鯛ラバは、ジギングの一種である。特別にタイのために用意されているのが、鯛ラバというものである。
タイは、海の深いところを泳いでいる魚たちの中でも特に頭がいい魚としても知られている。そのへんのルアーでは食いつかない、そんな頭の良さがある。鯛ラバで使われる「おもり」は、そんなタイをも欺くことができるヒラヒラなどを付けたルアー状のものになっている。ヒラヒラのルアー部分がタイをあざむき、食いつかせ、釣りのクライマックスへと入っていくのである。

Copyright © 2017 血沸き肉躍るフィッシング!ジギングと鯛ラバを楽しもう .